ハトマークサイト

ハトマーク ハトマークは、私たちが目指していくべき姿の象徴です。2羽の鳩は、会員とユーザーの信頼と繁栄を意味し、赤は"太陽"、緑は"大地"、そして白は"取引の公正"を表しています。

支部長あいさつ

宅建山形のホームベージをご覧いただき、ありがとうございます。

宅建山形は、山形市・上山市・山辺町・中山町のハトマーク不動産業社242社で構成しており、宅建協会認可50周年の歴史ある団体です。
私たちは、土地・建物・アパート・マンション・空家・中古住宅と不動産に関する相談や取引を、市民が安心安全に行えるよう取組んでおります。
ついては、不動産に係ることはぜひ会員業者にお任せくださいますようお願いいたします。
毎日午前10時から午後4時まで不動産に関する相談を承っております。空家・相続など、どんなことでも、チョットしたことでも、何なりとご相談ください。
また、新規開業したいとお考えの方は、いつでもご相談ください。

それでは、宅建山形の会員の皆様に、活動についてご案内いたします。
1. 空家特措法の成立により、各自治体は具体的行動指針を示し、その中で山形市・上山市・山辺町・中山町は空家バンクの設置をしております。
各自治体のHPから空家バンクをご利用いただき、中古・空家の流通促進にご協力をお願いいたします。

2. 平成25年に県協会が単独で公益社団法人となり、支部は任意団体の宅建山形へと組織を変更いたしました。3年経過し、長井地区の解散や地区未加入などの齟齬が生じ、県協会としての重大課題となっています。宅建山形は、全宅連で決定したハトマークグループビジョンに準じ、未来像プランで将来の組織のあり方を展望し、支所の設置を要望してまいります。

3. 具体的な今年度の事業は、5月14日の通常総会の事業方針を参照ください。

4. 創立50周年記念紙を編集中です。ご協力ください。
 (1)古い資料や写真などお貸し下さい。
 (2)自由な寄稿(200から400字程度)をお待ちしています。

5. 会員の皆様、協会に対するご意見・ご要望など、なんでもぜひご相談ください。

平成28年8月1日
山形県宅地建物取引業協会山形
代表理事 庄司 常男

© 2009- 山形県宅地建物取引業協会山形